慣れないとへこむ! 日本人はビックリの、中国の接客

接客

◆日本の接客って素晴らしい……

 

接客

 

日本で買い物をするとき、店員さんの態度が良いのって常識ですよね。商店街の八百屋のおじさんは愛想がいいし、ちょっとしたブランド店にいけば外まで出てお見送りしてくれます。

 

実際「そこまでしてくれなくてもいいのに…」と思えるようなサービスまであるほど、店員と客の立場の違いがハッキリしています。

 

ところが、この感覚で中国にいくとかなりショックを受けることになります。

 

スーパーで探しているものが見つからず、店員に聞くと「ないっ!」と目も合わさずに言われることがよくあります。

 

アゴで「あっち」と指されることも。

 

◆中国の店員は「素」で接客?

 

最初は私に対して、もしくは外国人に対して悪感情を持っているのかと思い、結構へこみました。

 

でも観察していると、地元の客に対しても同じ態度を取っていることが分かってきました。

 

言われた側も、へこむわけでも怒るわけでもなく、全くダメージを受けていません。

 

それに、態度のとてもいい店員もいて、すぐに友達感覚で接してきます。

 

つまり、中国の店員の態度は「悪い」のではなく「素」だったんです。

 

最近では、大きなデパートなどでは店員の教育が徹底してきているので、接客の態度が改善されてきています。

 

でも、個人商店やスーパーではまだまだ「素」で客と対等に接している人が多くいます。

 

それで、その店員一人ひとり接客の仕方がまるで違うんです。

 

最初はへこんだ接客ですが、慣れてくると便利だったり、温かさまで感じられるようになります。

 

◆悪くないかも。中国で、ほっこり体験

 

例えば以前こんな経験がありました。市場で野菜を買った帰り、日用雑貨店の前を通りがかってトイレットペーパーがないことを思い出しました。

 

でもお金が少し足らなかったんです。するとお店のおばさんが「そのプチトマト半分くれたらそれでいいよ」と言ってきました。

 

もちろん私はすぐにOKし、トイレットペーパーを持ち帰ることができました。また、ある時タクシーがなかなかつかまらなくて焦っていました。

 

すると、すでに客を乗せたタクシーが私の前で止まりました。

 

行き先を言うと、「ちょうど同じ方向だから乗っていいよ」と言われました。

 

タクシーの相乗りは珍しいことではないので乗り込みました。

 

値段交渉をしようとしたら、「どうせ通り道だからタダでいいよ」ということで、結局私は本当に一円も払わずにタクシーに乗ってしまったんです。

 

ちょうど持ってたガムをあげたら喜んでくれました。何だかほんわかした経験でした。

 

接客においても、「店と客」という立場ではなく、「人と人」という関係で接していくのが中国の常識のようです。人とのコミュニケーションが大好きな中国人ならではの習慣なんだと思いました。