中国人男性は家事メン? 知られざる実態

家事メン

◆日本人も見習いたい! 中国の家事メンたち

 

最近では日本でも「家事の分業化が進んでいる」といわれるほど、夫婦で協力して家事をする家庭が増えてきたようです。

 

でも、やっぱりいまだに家事は女性のすること、との見方が強く残っています。

 

そんな中で、ただゴミ出しをするだけで家事に参加していると思っている男性に、正直ちょっとイラッとしたりすることってありませんか?

 

そんな男性に見習ってほしいと思うのが、中国人の男性です。

家事メン

◆中国の家事メン=料理=

 

まず、料理の腕。中国で子供たちに「お母さんの作る料理で何が好き?」と聞くと、よくあるのが「うーん、どれも普通かなー。」という返事。

 

ところが大学の寮で生活している大学生たちに、「今度家に帰ったら何が食べたい?」と聞くと、「お父さんの作ったスペアリブ!」「お父さんの煮込みスープ!」といったぐあいに、みんな揃って頭に「お父さんの」がつくんです。

 

中国人男性の方が、女性よりも料理の腕が良いのは普通のようです。

 

共働きが多いこと、外食が安いことなどの理由から、外食ですませてしまうことが多いのも中国の現状ですが、ここぞというときに準備するごちそうは、お父さんの手料理で決まりなのです。

 

◆中国の家事メン=掃除=

 

それから、朝仕事に行く前に掃除を済ませる、という中国人男性も少なくありません。

 

掃除の仕方は日本よりゆるい、というかおおざっぱですが、奥さんがまだ寝ているうちに起きて床のモップがけをするのには驚きました。

 

それに、家のちょっとした修理、例えば蛍光灯の交換とか部屋のドアのノブのネジを締めなおす、といった事はもっぱら男性の仕事です。

 

もっと言えば掛け時計の電池交換も、女性は一切手を出しません。手を出さないというより、やったことがないので方法を知らないのです。

 

中国では、それらすべてを男性がするのが常識です。

 

ある時、私はカラーボックスを買ってきて自分で組み立てました。すると、男性からも女性からも驚きと尊敬のまなざしで見られました。私も逆にビックリでした。

 

◆中国の家事メン=子供の世話=

 

さらに、中国人の男性は、子供の世話もよくします。

 

中国では小学校から大量の宿題があります。

 

日本とは比べ物にならないぐらいの量で、しかもとっても難しいんです。

 

日本での宿題って基本的にその日の復習をしますよね。

 

でも、中国の宿題は、まだ習っていない内容が多くあって、子供一人では絶対にやり終えることができないんです。

 

宿題と格闘する子供にお父さんたちはずっと付き添って勉強を教えます。

 

仕事から帰って疲れている時に、2時間も3時間も子供の宿題に付き合う姿には感動しました。

 

もちろんすべての中国人男性がこんなに勤勉なわけではありません。

 

でも、中国では男女平等が常識として浸透してきていることがあって、男性が率先して家事を行うのが習慣になっているのかもしれません。

 

日本の男性も積極的に家事に参加してくれたらいいな、というのが率直な感想です。

 

 

管理人のサイト紹介

管理人が運営するサイトの紹介です。

これまで仕事の関係で、大型荷物を安く送る方法について、いろいろ知識があるのでまとめたサイトです。
宅配便はもちろん、引越し業者を使う方法など紹介していますので、参考にしてみてください。
荷物を送る方法。宅配便より安い料金で大型サイズの荷物輸送
http://www.nimotsu-okuru.com/

宅配便業者は、クロネコヤマト、佐川、ゆうパック以外にも様々ですので、うまく利用してみましょう。
中国を始め、海外に荷物を送りたい人に役立つ方法も記載があります。